大人になってからピアノを始めたいと考えている人は多いものです。東京都には多くのピアノ教室があり、大人の初心者向けのコースを開設しているピアノ教室もあります。子供の頃とは違い、大人が一からピアノを始める際には、より上達を早めるための講師側のテクニックや適した教材があります。子どもピアノ教室と同じようなカリキュラムを採用している場合や、大人向けに特化したカリキュラムを採用しているところなど、ピアノ教室による特徴は様々ですが、自分に合ったピアノ教室を選ぶことで、ピアノを弾きこなすことができるようになるものです。憧れていた曲を弾けるようになりたい、一生楽しめる趣味を持ちたいなど、その動機は様々ですがぜひピアノに触れ合ってその素晴らしさを体感してほしいものです。

子どものピアノ教室と大人向けとの違い

子供のピアノ教室は、手の動きが未発達であったり、手の大きさが小さいこともあり指使いや基礎的な音階の訓練が主体となります。いわゆる基礎訓練として指の動きを徐々にレベルアップさせていくという概念のもと、教本のレベルを徐々に上げていくという方法が一般的です。よく耳にしたこともある「バイエル」などの教材や「ハノン」などの指の動きに特化した教材を反復練習し、東京都内外のコンクールや発表会に向けてやや難易度の高い曲を時間かけて練習していくことが一般的です。大人の場合は、基礎練習に時間を割いていくことよりも、実際に自分が弾いてみたい曲を弾きこなすことができるように一曲を集中してレッスンしていくという方法もあります。基礎練習に時間がとれない、楽しみながら弾きたいという要望が高いためです。

東京都内で大人向けのピアノ教室を探す

大人向けのピアノ教室には個人講師のピアノ教室や楽器店直営の教室など、多くの形態があります。個人講師の場合はマンツーマンでしっかりと指導を行ってくれることや、レッスン時間などの融通がききやすいというメリットがあり、楽器店経営の教室は講師のレベルが一定水準以上であることや多彩なコースが設定されていることなどが魅力です。どのようなピアノ教室が自分に合っているのかは、実際に足を踏み入れてみないとわからない部分も多いものです。体験学習や見学などを受け付けている東京都内のピアノ教室も多いので、一度その雰囲気を味わうために足を運んでみることをおすすめします。自分に合ったピアノ教室に出会えることは、あこがれの名曲を弾きこなすための第一歩でもあります。ピアノを始める時期に遅すぎることはありません。弾きたいときが始め時と言えるでしょう。